見えるものは結局自分

2008.05.07

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 毎月、ある方の紹介で、居宅介護の事業所へ歯科検診に行かせて頂いています。 先月に行かせていただいた時、事業所の方から、1冊の本を頂きました。 あなたの話はなぜ「通じない」のか s-41WGV8WEP8L._SL500_AA240_.jpg 「最後がぐっとくるので、最後から読んでみてもいいかも」と、言って頂いたので、最後から読みました。 〜私は、本当の意味で「外」を知らなかった。「自分」という城壁をぐるりとはりめぐらせ、その中で考えた「理想」に向け、その中で考えた「最善」を尽くしているに過ぎなかった。〜 〜皆簡単に、外の世界を見ようと言う。でも、外を見るとは、自分の枠から外に出ることだ。自分の枠内で秩序を持っていた世界が、崩されていく。「自分の外」を見ることは本当に苦しい。〜 〜外の世界は、自分の都合や価値観とは全く無縁に生き動いている。私は、外に、ただただ無防備に自分をさらし。そして打たれた。〜 〜それでも、崩れ落ちる自尊心をまっすぐ歩いていき、小さな自分の枠組みが解体しきったとき、見えてきたのは、なんと、「自分」だった。「自分」は増えも減りもせず、今までどおりそこにいた。でも、外側から見たら、なんてちっちゃいんだろう。そして、とっても懐かしく思った。〜 〜その後開発した教材は、ちっちゃい自分に素直に立脚したものだった。新しいものなど何もない。でも、たった一つ変わったところ、それは、全ての言葉、全ての表現が、自分を外側から見たものに置き換わっていたことだ。〜 根本は変わらない。自分も変わらない。ただ、自分の本質を知る・自分に素直になることによって、変わるんでしょうね。人生が。 ほりべ歯科クリニックでやりたくないこと!の1つに「自分を変える気のない人とつきあう」というのがあります。 本質は変わらなくても、変えられるところはいっぱいあります。変えることにより、得られる結果が違ってきます。ただ、変えるときに痛みを伴います。変えることにより得られるプラスが実感できた時、変えるときの痛みがガマンできるのでしょうね・・・

カテゴリー