ほりべ歯科クリニックホーム >

スタッフはんなりブログ >

昼間の噛みしめや食いしばり対策

昼間の噛みしめや食いしばり対策

2022.06.20



こんにちは!京都市北区ほりべ歯科クリニックの歯科衛生士Kです。 スマホやPC作業に集中している時、気づけばグググ…と歯を噛みしめていたり、食いしばったりしていませんか? 噛みしめや食いしばりは、歯や顎に大きな負担がかかります。 私自身も実は普段から噛みしめる癖がありました。 色々と対策する中で、効果があったものの1つ。それは「猫背を直して姿勢を良くすること」でした! 猫背になると頭の位置が前に傾いて、顎や噛み合わせの位置がずれます。すると噛みしめや食いしばりが引き起こされます。 背筋が伸びると、顎が正しい位置に戻り、噛みしめしにくくなります。 そこで椅子に座る時は、「足の裏を床にしっかりつける」ことを意識しました。すると背筋が伸びやすくなりました。 (写真は4歳の息子ですが、足の裏をべたっとつけることで、腹筋に力が入り、姿勢が良くなりました。) また、当院で紹介している首や肩、肩甲骨周りの筋肉をほぐすストレッチも姿勢を良くできました。 とても手軽にできるストレッチ方法ですので、気になる方はお声かけくださいね♪ 皆様、ぜひやってみてください♪

カテゴリー