歯周病と糖尿病

2019.11.22

こんにちは!京都市北区のほりべ歯科クリニックの歯科医師のNです。 先日、糖尿病専門のクリニックの院長、西田亙先生のお話を聞かせていただく機会がありました。歯周病と糖尿病は慢性炎症という点で似た病態であるため、歯周病の治療をしっかり行うことで糖尿病も改善するケースがあります。インフルエンザや肺炎のような急性のものを「高熱」、歯周病や糖尿病のような慢性のものを「微熱」に置き換えて、わかりやすく説明してくださいました。西田先生のお話を聞いて、慢性炎症を長く放置することの怖さを、私たちは歯科医療に携わる者として、患者さまにわかりやすく情報を伝えていかないといけないと改めて感じました。 歯周病についてご質問のある方は遠慮なく、ほりべ歯科クリニックのスタッフにお尋ねくださいね。

カテゴリー