【注意する】

2011.01.28

私がまだ子供だった頃にご指導頂いた先生のコラムの中で一番はっとさせられたものをご紹介したいと思います。 『注意する』 親が子どもを注意します。 『人に迷惑でしょ』『だからダメなのよ』 『いつも言ってるでしょ』 はよく使われる言葉ですね。『注意』は<注意する人>が<注意される人>を大切にするあまりに飛び出す言葉です。それがいつの間にか<迷惑を受ける別の人>を大切に思っているような言葉になってはいないでしょうか。 実は『思いやりのある人間になってね』と言いたいはずなのに。 は、あなたはダメな人間でその行為はそれを証明しているのよと、見事な否定です。 『こうして欲しい』と言いたいはずなのに。 は、『私はちゃんと注意しているんだけどこの子が聞かないんです』と。うまくいかないことが自分の責任にならないよう、注意することで責任逃れをしてるのです。 相手を大切に思うから注意するのです。そんなことは分かっているのに、出る言葉はそのことを忘れています。 それこそ、そのことに注意したいものです。 と言うのがありました。その通りだと思います。普段何気なく使っている言葉の裏にはこんなにも深い意味や背景があることにきづかされました。 言葉選びに注意したいと思います。

カテゴリー