月を観る

2006.10.05

こんにちは。京都市北区の歯科医院、歯医者のほりべ歯科クリニック、歯科衛生士の伊藤です。 秋雨が続くようですが、体調など崩されていませんか? 今週末は、中秋の名月ですね。 私は、数年前「観月夕べ」ということばに惹かれて 大覚寺に行ったことがあります。 http://www.daikakuji.or.jp/event/fall.html 船の上から月を観る。たったそれだけですが、 本当に感動しました。 暗い池に船をこぐ音、水の音、・・・ その中で、お茶を頂きながら月を待つ・・・ その日は、大きな雲があり他の時間帯の方の中には 月が隠れて観えなかったということも・・・ 私が乗った船でも、最後の最後まで観えなくて、そろそろ・・・ というところで、大きな大きな、月が観えました。 本当に、素敵な時間で船に乗り合わせた知らない人と、 手を叩いて喜んでしまいました。 よく観察すると、そのような行事は他でもあるようです。 私は今年は、行けそうもないのですが、ぜひ また、行きたいです。 みなさんも、機会をつくってぜひ行ってみてください。 なぜ、冬生まれの私が秋に惹かれるのかなぁ〜と、 いつも考えていたのですが、 私の名前の由来が秋の歌だから?と、 思うようになりました。 食欲の秋もいいけれど、 五感をフル回転させて、大好きな秋を満喫したいです。 因みに、私の名前は、この歌からとったそうです。 秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる(古今169)

カテゴリー