癒しの時間

2006.08.04

 こんにちは。京都市北区の歯科医院、歯医者のほりべ歯科クリニック、受付・予防プロモーターの山村です。  先日私は友人と、京都で最も大きな禅寺である「東福寺」に行ってきました。後から知ったのですが、東福寺という名前は、「奈良東大寺」と「興福寺」から一字をとって付けられた名前だそうです。  この東福寺の中には沢山の「院」が入って、色々な雰囲気を楽しめます!もともと私達は東福寺の中にある「天得院」に咲く桔梗のお花を観たくて選んだ場所でした。広い場所だった為道が分からなくなったので、途中で道をおばあさんに尋ねてみました。その時そのおばあさんに「桔梗を観に来たんか〜。あ〜、あの桔梗ね!あれは綺麗だからね〜。けどもう咲いてないよ〜!」と明るく言われてしまい、残念だったのですが、気を取り直し「天得院」以外の他の院を巡ることにしました。  中はとにかく「素晴らしい!」の一言でした。境内には沢山のカエデの木があり、その緑一色の景色を橋の上から眺めた時には「一日ずっと眺めていたい・・・」と言う思いでした。そして、そんな事を思っている私達に吹き付けてくる風も、優しく柔らかくて、まるで心をほぐしてくれているようにも感じました。  途中雨が突然降ってきたのですが、雨に濡れている庭もとても雰囲気が良く、渡り廊下(?)から雨が止むまでずっと眺めてました。その時、私は雨が嫌いだけれど、昔の方がよく「雨が降った後の景色は、晴れている時とまた違ってとても風情がある・・・」等と言っていた気持ちがとても良く分かり、あつかましいのですが、その気持ちに少し近づけた気がしました。  今は町には車があふれ、ビルが立ち並び、そして緑が少なくい状態・・・。そんな中で雨が降った時の「雨の良さ」を感じることが私には殆ど無かったのだと思います。なので・・・これからは自分の心が喜べる場所を見つける為、自ら色々な場所を発見していきたいと思っています! そして、秋には2000本の紅葉を観に「東福寺」へもう一度訪れようと思います♪

カテゴリー