心を大の字にしよう

2010.01.25

こんにちは。京都市 北区 ほりべ歯科クリニック 歯医者の堀部です。 当院の加藤先生と一緒に、CHPベーシックコースを受講してきました。 私は、数年ぶりの受講でした。 CHPとは「クリニカル・ヘルスプロモーション」の略で、 「専門家が患者のために行う予防」から、 「来院者が自らの健康と幸せ、QOLのために行う予防」への変換 についての話でした。この表現、わかりにくいですね・・・ 健康は、専門家がつくるものではなく、本人がつくるもの。 歯科医院スタッフは、そのお手伝いをするだけ。 このあたりの話を、参加者のワークを中心に楽しく実習していきます。 s-P1010771.jpg 講師は、大学の先輩であるしんくら歯科医院の藤井先生。 藤井先生が繰り返し、おっしゃっていた言葉。 「どんなことでもいいから、実践に移してください。そこから始まります。」 完璧になんてやる必要がない。完璧に・・・なんて思うと行動できなくなる。 「完璧ほど最低の基準はない」そうです。 懇親会でも、たくさんのことを教えて頂きました。本当にありがとうございました!!

カテゴリー