全ての食べ物は体に悪い!

2009.10.09

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 岡崎先生に教えて頂いたオススメ漫画 「玄米先生の弁当箱」より

「すべての食べ物は体に有害だ!」 どういう意味でしょうか? 体に良い食べ物・悪い食べ物、というわけではなくすべてが有害? 「どんな食べ物も、人の体に直接入れば、ただの異物・・・。 体が過剰な免疫反応を示し、食物アレルギーを引き起こす場合だってある。 食べ物は口の中で咀嚼されて唾液と混ざり、消化され、初めて有益なものへと変化する。 だから、単純に“体にいい食べ物”なんて無い!」 のだそうです。 “食物アレルギー”を専門にしている小児科医師が口をそろえて言うことがあるそうです。 「食物アレルギーの最大の予防法は、よく噛むことだ。」 食物アレルギーは、異種タンパク(抗原)のまま体内に侵入するので、抗原抗体反応が惹起され発症する。 そこで、よく噛み食べ物の表面積を増加させると、消化酵素によりアミノ酸まで分解させやすい。 アトピーの子の傾向として「あまり噛まずに食べる」というのがあるそうです。 31jNjY45YHL__SL500_AA204_.jpg

カテゴリー