評論家なんていらない

2009.09.02

こんにちは。京都市 北区 ほりべ歯科クリニック 歯医者の堀部です。 最近購入した本の中から・・・ 〜会社の会議のすすめかた〜 例えば、議題の中に「そのプロジェクトを実行するのは難しい」という事実があったとします。 それに対して、「何故これが難しいのか?」ということを探して「難しい」という事実を 立証しようとすれば、悪いことばかりを探してしまいます。 こんな議論は、全く無意味で、正直、気分が悪くなるだけです。 だから私は、「何故難しいか?」ではなく、「難しくならない方法ってあるのか?」を話し合うようにしています。 けれど、会議の参加者の中に、もし、いつもマイナスを探して否定をするのが好きな、そのほうが自分が 優位に立てると勘違いをしている評論家タイプの人がいると、話し合いも前に進みません。 仕事でも何でもみんなで何かを話し合うとき、評論家がひとりでもいるとなかなか話が進まないのは事実です。 陽転思考を会社全体で共有して身につけておけば、批評だけして満足する人が少なくなります。 s-51SDHllKUzL__SL500_AA240_.jpg

カテゴリー