ほりべ歯科クリニックホーム >

院長ブギウギブログ >

ブラッシングでインフルエンザ予防?

ブラッシングでインフルエンザ予防?

2009.06.03

こんにちは、ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 NHK ためしてガッテン からの情報です。 「インフルエンザの発症率が10分の1に!意外な予防法」 東京都府中市の介護保険施設では週1回、歯科衛生士が口腔ケアを実施しています。 日頃からの丁寧な歯磨きや舌磨きの指導を行ったところ、なんと!!インフルエンザの 発症率が10分の1に激減したのです。 なぜ口の中をきれいにしておくと、インフルエンザにかかりにくくなるのでしょうか? メカニズムは次のよに推定されています。 〜鼻からのどにかけての粘膜はタンパク質の膜で覆われているため、ウイルスはなかなかくっつくことができません。ところが口の中の細菌が出す「プロテアーゼ」という酵素が 膜を破壊することで、ウイルスがくっつき、細胞内に侵入できるようになると考えられる のです。口の中には、インフルエンザウイルスの感染を助けると考えられる細菌以外にも、唾液に混じって気道に入り、重症の肺炎を引き起こす細菌なども多く住み着いています。 そのため、日頃から口の中をきれいに保ち、細菌を除去しておくことが、幅広く危険な 感染症を予防する対策として有効なのです。〜 インフルエンザ予防にうがい・手洗いも大事だけれど、ブラッシングも大事ですね!!

カテゴリー