仕事って・・・

2008.03.18

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 日々、忙しくしていると、本質的なことを忘れそうになるときがあります。 「自分にとって仕事とは・・・」 以前に購入し、本棚に眠っていた本を再度読みました。 s-4104YXWKCJL._BO2,204,203,200_PIsitb-dp-500-arrow,TopRight,45,-64_OU09_AA240_SH20_.jpg 〜なぜ我々は働くのか。この素朴な問いに対して、正面から答えることは難しい。なぜなら、働くことの意味は人によって異なるからである。それゆえ、私たちは、この問いに対する「自分にとっての答え」を見つけなければならない。〜 思想、成長、目標、顧客、共感、格闘、地位、友人、仲間、未来という10のキーワードを通じ、「自分」という作品を残すための生き方を、問いかけてくれる本です。 「仕事の報酬は給与ではない。自身の成長である」 「成長するには、夢を語ること。しかも本気で語ること」 「厳しい顧客こそが優しい顧客である。最も怖い顧客は黙って去る顧客である」 「人間との格闘こそが、人間力を磨く唯一の道である」 「マネージャーに求められるのは、ただひとつ。自分自身が成長すること。成長し続けること」 「夢は破れることもある。しかし、それを恐れる必要はない。恐れるべきは、力を尽くさぬことである」 この本、思春期の時に読んでいたら、どう感じていただろうか? 実際、働いている今だからこそ、色々想うことがあるのだろうか? 色々教えてくれる本でした。 そういえば、ガネーシャが言ってました。 「そもそも本ちゅうのはほんまに得なんやで。ほんまに天才がどんだけ考えて、時間つこて本作り上げたか考えたことある?それ千円ちょっとで手に入るんやで。ほんま、福袋どころの騒ぎやないで。」

カテゴリー