今年の出会いその1 

2007.12.23

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。
今年もあとわずかですね。このブログで、「今年出会った、一番のもの」を振り返ってみます。
まず「今年出会った一番の本」
31935726.jpg
妻が出産のため入院していた病院に行く途中に、ツタヤがあり、太郎とよく寄っていました。
そのツタヤで山積みに置かれていた本。「夢をかなえるゾウ」。
ゾウの姿をした神様と、夢をなくしたサラリーマンとのやりとりで話が進んでいきます。
この神様が関西弁、わがまま、甘党、ギャグが寒い・・・とにかく強烈。
冒頭の部分で、この神様(ガネーシャ)は、サラリーマンに言い放ちます。
「自分な、今まで、自分なりに考えて生きてきて、それで結果出せへんから、こういう状況になってんのちゃうの?」
「逆に聞きたいんやけど、自分のやり方であかんのやったら、人の言うこと素直に聞いて実行する以外に、何か方法あんの?」
「それでもやれへんていうのは、何なん?プライド?自分の考えが正しいに違いない、いうプライドなん?」
「もしくは、期待してんのやろ。自分のやり方続けてても、いつかは成功するんやないかって」
「先に現実から言うとくと、自分、このままやと2000%成功できへんで。それは自分が、‘成功せえへんための一番重要な要素’ 満たしとるからやで」
「成功しない一番重要な要素はな、‘人の言うことを聞かない’ や。そんなもん、当たり前やろ。成功するような自分に変わりたいと思とって、でも今までずっと変われへんかったっちゅうことは、それはつまり、‘自分の考え方にしがみついとる’ ちゅうことやんか」
少し厚めの本ですが、一気に読めます。凄くシンプル。笑えて、少し泣けます。
♪ガネ、ガネ、ガネーシャ、モーニングー♪
PS なんと、テレビドラマ化も決定したそうです。

カテゴリー