癒し系予防

2007.09.10

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 スタッフの伊藤さんもブログに書いてくれていますが、日曜日、「コミュニケーション&リラクゼーション」がテーマのセミナーに参加させていただきました。 楽しく、五感を癒されながらのケアが、結果的に健康・笑顔につながる。来院者も輝き、スタッフ・クリニックも輝くケアのシステム。 3人の講師の先生方が、色んな切り口でとても面白い話をしてくださいました。最後の講師の方は、技工士であり、整体士であり、催眠術師(?)であるスゴイ方でした。セミナーの主催者である森先生も 「実は、私も彼の正体をよくわかっていないんですよ」 とのことでした。 森先生のメンターでもある山口さんという方、当院のスタッフの足をその場で伸ばしてしまいました!会場騒然・・・ s-P1030174.jpg 骨盤のゆがみを整え、これから足が伸びようとする瞬間です。 マイナスの行為で 「バナナ」 の免疫力が下がってしまう実験にもビックリ。言葉、行為が及ぼす影響の大きさを改めて痛感。 「ありがとう」が飛び交う医院は、その空間自体が、来院者・スタッフの免疫力を上げることは、「たぶんそうなんだろうなあ」とは思っていましたが、今回、それを確信しました。 いつも勉強会でお世話になっている先生とペアを組み、アロマを塗りあい、ニヤニヤしながら、男2人でマッサージしあう実習もあり、楽しかったです!講演後、歯科医の肩こりを取る方法まで教えていただきました。 今回も素晴らしい出会いがありました。縁って大事ですね。ホントありがたいです。

カテゴリー