東京遠征

2007.04.22

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 日曜日、念願の「床矯正セミナー」、東京まで聴きにいきました。(超人気で、なかなか受講できないんです)。 機械的に歯だけ動かすのではなく、患者さんのまちがった生理的機能にアプローチしていく治療法です。 講師の鈴木先生、この前「ブロードキャスター」に出演され、その後患者さんがさらに増えたらしく、休みナシでフル回転で仕事されてます。すごく元気です。セミナー中も休憩あまり取らずしゃべりっぱなしです。スライド枚数2000枚くらい一気に駆け抜けていきました。60歳越えてるのに・・・ 「日本の文化っていうのは、 ‘9月の満月の日に、あの山の中の松の木の下にマツタケが生えてるからね。いいかい。誰にも教えちゃいけないよ。’ これが日本の文化です。そうじゃないんだよ。そこを変えないと何も良くならない。教えるんだよ。何で隠すんだよ。だから日本の歯科医療は良くならない。」 「今、地球が危ないんだよ。10人に1人が糖尿病だよ。病気をつくっているのは、患者さんなんだよ。口の中もそうだよ。顎の発育不足、舌や唇の悪習慣、自分たちで歯並びをおかしくしちゃってる。」 「正しく食べる、って本当に大事なんだよ。‘食べる’ って ‘人’ を ‘良くする’ って事なんだよ。1年間に1トン分噛むんだから。」 あっという間の講演でした。最後、症例相談もしていただき、終了後、お茶まで付き合ってくださいました! ありがとうございました。スタッフと一緒に理解を深め、できるところから院内で取り組んでいきます。 鈴木先生と別れた後、下北沢へ寄り、以前から気になっていたお店へ。オーダーメイドでジーンズ作ってくれるんです。スタッフの方に「わざわざ京都から来てくれるなんて!」とえらく喜ばれてしまいました。 気がつけば新幹線の時間まであとわずか。ギリギリ乗れました。ドッと疲れましたが、いい一日でした。 s-NEC_0036.jpg この日の晩御飯。

カテゴリー