ほりべ歯科クリニックホーム >

院長ブギウギブログ >

「痛くない」は「痛い」んです

「痛くない」は「痛い」んです

2007.02.15

こんにちは。ほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 子供の付き添いのお母様で、こういう方がよくおられます。 fusso1.jpg 先日お会いした岡崎先生の本にこう書いてあります。 〜母親が診療中に「痛くないよ!痛くないからね!」と半ば興奮しながら言っています。これは痛いことを否定していますが、負の言葉がけです。「痛い」という言葉自体が不安感をかもし出すのです。チェアサイドにいる母親が興奮しながら言っても、その前に母親の興奮が子供に伝わり、逆に不安感が高まることが多いようです。〜 できるだけ、正の言葉がけを、子供の不安感が高まる前に言っておくことが有効です。 例えば、「さっすが、おにいちゃんやね!」「すごい!上手!」「おりこうにできたね。先生、びっくりした!」などです。 ちなみに、斎藤一人さんによると、言葉には「言霊(ことだま)」といってすごい力があるそうです。「はじめに言葉ありき」です。「天国言葉」というものがあるそうで、それは 「ついてる。うれしい。楽しい。感謝しています。幸せ。ありがとう。許します」 逆に「地獄言葉」というのもあり、それは 「不平、不満、愚痴、泣き言、文句、心配事」 天国言葉のシャワーを子供に浴びせたら、治療がうまくいくこと間違いなし!? お母様、「痛くないから」は禁句ですヨ!

カテゴリー