松たか子、凄い!

2006.07.10

s-metal macbeth.jpg こんにちは。京都市北区の歯科医院、歯医者のほりべ歯科クリニック、院長の堀部です。 1週間以上前の話になりますが、2日の日曜日に劇団☆新感線の最新作「メタル マクベス」を大阪で見てきました。 生バンド(ハードロック)の演奏をバックに、シェイクスピアの作品を原作にした舞台でした。演出はいのうえひでのり、脚色に宮藤官九郎、出演は内野聖陽、松たか子、森山未來など、豪華メンバーでした。 休憩を挟んで4時間近くの長丁場でしたが、あっという間に時間が過ぎました。内野聖陽さん、来年の大河ドラマの主役だそうです。全編にわたりテンションの高さを維持していました。森山未來さん、ちょっと軟弱そうなイメージがあったのですが、この舞台の濃厚さに負けないくらいの芸と存在感を披露していました。最初、誰だかわからないくらいに化けて演じてました。 凄かったのが、松たか子さん。TVでみるイメージとは全然違いました。こんな風にはじける人なんだ、とびっくりしました。強そうだったり、かわいらしかったり。悲しみがあふれていたり、切なそうだったり。とにかく変幻自在。 それに歌。ハードロックをバックにパワフルな声でした。 ネットに松たか子さんのコメントが載っていました。 「楽しむことはもちろんですが、それだけではないこの役者稼業。頑張らないと何もかえってきません。新感線の方々は、そんな「とことん」な精神を改めて教えてくれます。」 「とことん」な精神、見習います!!

カテゴリー