ほりべ歯科クリニックホーム >

院長ブギウギブログ >

志(こころざし)が一番大事

志(こころざし)が一番大事

2006.06.21

こんにちは。京都府京都市の歯医者、北区の歯科医院、ほりべ歯科クリニックの院長の堀部です。 18日の日曜日に岩淵氏主宰の「実践経営塾」2回目が大阪でありました。 1回目は福岡で参加しました。今年の経営塾はチーム単位で行動を共にします。大阪会場初参加の私は、「ハッピースマイル」チームに加入することになりました。チームメンバーにドリームマスター寄田先生はじめ各地の有名歯科医院の院長先生、スタッフが勢ぞろいで、緊張しました(汗)。大学の同級生で、岡山県笠岡市で開業している田中先生も同じチームでした。久しぶりに会えて嬉しかったなあ。 happysmile.jpg 「ハッピースマイル」のはっぴを着ている岡山大学集団、左から田中先生・寄田先生・そして私です。 ゲスト講師は予防歯科で有名な、福岡の「つきやま歯科医院」築山先生でした。築山先生のお話は、前々からずっと「聴きたい!」と思っていたので、すごく楽しみにしていました。 2時間あまり、話に引き込まれました。心に残った言葉はたくさんありましたが、その中からいくつか・・・ ・内科などは1回来たらおしまい。歯科は繰り返し来院者とコミュニケーションが取れる。ということは繰り返しサポートできる。ヘルスプロモーションを実践するのに歯科は最適! ・歯を診るのではなく、人をわかる医療を。 ・「健康」を考えた時、その人が持っている「主観」を大事にすること。我々はどうしても客観的なものさしでその人を診てしまうが、「主観」を聴くこと。その人の「感情」を聴くこと。 ・人は、色んなことを考えてその一部を言葉にしている。本当の気持ちは言えない場合も多い。 ・失敗を許すこと。何もしないのはもっと罪。 ・必要なのは、ちょっとした勇気と頭の切り替え、そして何より志! 築山先生がおっしゃっていました。3つの良いこと。「来院者に良いこと」「私達(ドクター、スタッフ)に良いこと」「地域社会に良いこと」。 ほりべ歯科クリニックが、この3つの「良いこと」を全て満たせるようなクリニックになれるよう、最善を尽くします!これから、もっともっと成長します! tukiyama.jpg 中央が築山先生、右側が同級生の田中先生です。

カテゴリー