ほりべ歯科クリニックホーム >

院長ブギウギブログ >

根管治療はムズカシイ・・・

根管治療はムズカシイ・・・

2006.03.19

200603-19.jpg  こんにちは。京都府京都市の歯医者、北区の歯科医院、ほりべ歯科クリニックの院長の堀部です。  今日は、「山田先生エンドセミナー岡山コース」の初日でした。今年から来年にかけて10回コースで根管治療(歯の根の治療)をメインに勉強していきます。  歯の根の治療は、すごくすごく難しいです。目に見えない部分を盲目的に処置していくわけですから、解剖学的な歯のイメージだったり、最新の器機の取り扱いだったり、色んなことがとても大事になってきます(もちろん他の治療でも大事ですが・・・)  「歯の基礎工事」的な処置なので、処置に時間がかかる場合が多いです。皆さん、「歯医者は通院回数が多い」ということを思ってらっしゃる方が多いですが、回数がかかる要因の1つが、根の治療です。  ただ、ここをおろそかにすると、せっかく良いかぶせを入れても、だめになってしまうこともあります。歯医者にとって、とても気を使う治療のひとつです。  講師の先生は京都で開業されている山田邦晶先生です。根管治療ではカリスマ的な先生です。  根管治療に使用する器機、器具は年々進化しています。今までできなかったことが、新しい器機で可能になります。そうした器機に精通し、正しい使用方法をマスターする必要があります。そのあたりの最先端におられる山田先生のセミナーは、今後のほりべ歯科クリニックの根管治療の精度を上げるのにとても役立ちます。  セミナー会場には「やる気マンマン」の意識の高い素晴らしい先生方がたくさんおられました。負けないようについていきます。1年間宜しくお願い致します。  セミナーに誘ってくださった、大学時代の恩師、森慎吾先生には本当に感謝しております。ありがとうございます!!

カテゴリー