ほりべ歯科クリニックホーム >

超滅菌主義!院内感染対策

超滅菌主義!院内感染対策

超滅菌主義!ほりべ歯科クリニックでは滅菌・消毒を徹底しています。

超滅菌主義!
ほりべ歯科クリニックでは滅菌・消毒を徹底しています。

病気の人の歯の削りかす・血液・だ液などが、色々な機械器具を介して感染症を引き起こす可能性があることが、最近さまざまなメディアで取り上げられるようになりました。この中には、B型肝炎・C型肝炎・エイズなどの危険な病気も含まれており、近年さまざまなウイルスによる院内感染が問題となってきています。
しかし、しっかりとした対策をすれば院内感染はまったく恐くはありません。
例えば、治療が始まると必ず出てくるピンセット・ミラー、歯を削るためのタービンなどの器具の完全滅菌。皆様が直接ふれるコップやエプロンは必ず使い捨て。スタッフが使用するグローブ(手袋)は患者さんごとに必ず使い捨て。ここまでは当然のことと思います。
ほりべ歯科クリニックでは、さらにその上の超滅菌主義を徹底しております。
「超滅菌主義」??
それは・・・『歯科医院で、なかなか難しいとされる部分の滅菌・消毒をしています』
私たちには、「自分自身が受けたい治療を、来院される皆様に提供する」という想いがあり、スタッフを含め皆様に安心してほりべ歯科クリニックにお越し頂きたいと考えています。(当クリニックには、歯科医院ではまだまだ珍しい滅菌専任スタッフが複数名勤務しており、皆様の安全確保に努めております)

ほりべ歯科クリニックでの感染対策のご紹介

使い捨て器具の使用

使い捨て可能のものは全て使い捨てにしています。
例えば、皆様が直接ふれるコップやエプロン、スタッフが使用するグローブは患者さんごとに必ず交換しています。

使い捨て出来ない物は?

お口の中に入れるものは全て滅菌をしております。そのための機器を、一部ですがご紹介します。

● 高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高温高圧(2気圧135度)の飽和水蒸気で滅菌を行います。この機器によってB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルスなどの院内感染を防ぎます。複数の滅菌器を設置し、急な状況でも臨機応変に対応できるようにしております。

● EO水

ほりべ歯科クリニックでは、EO水「酸化電位水=殺菌水」を利用しています。
このEO水はB型肝炎・C型肝炎・エイズ・ヘルペス等のウイルスや、緑膿菌・MRSA・結核菌・水虫・大腸菌O-157などをほとんど瞬時に殺してしまいます。EO水は強酸性で少し酸味があります。
皮膚・だ液・血液などの有機物に触れると普通の水に戻りますので、人体には全く無害です。

● ポセイドン(歯科ユニットウォーターライン除菌装置)

院内で使うすべての水を除菌しております。皆様がうがいするときの水・歯を削るときに口の中で使う水・トイレで流す水に至るまで…すべての水が安全です。

ポセイドンの詳しい説明はコチラ