治療案内

一般歯科

治療は痛くなく、なるべく保存(抜かない)治療を基本としています。新しい技術と知識をもって大切な歯を守っていきます。
わかりやすい説明のもと、共に治療方針を決定していきます。

予防歯科

「むし歯になってから・歯周病になってから」治療するのではなく、「むし歯にならないように・歯周病にならないように」予防していきます。なるべく皆様の大切な歯を削らないようにしています。
初期のむし歯などは定期健診で経過観察していきます。予防歯科にかかられている方にとっては、歯科医院は「こわい・いたい」所ではなく「たのしい・きもちいい」所だと思っていただける場合が多いです。

小児歯科

歯の治療には「怖い」というイメージが付きまといます。大人の方でも怖がる方が多いです。
しかし、ほりべ歯科クリニックに来てくれるお子様たちから、「歯医者さんに行くのが楽しみ︕」という声をたくさん聞くことができます。押さえつけて治療することはありません。治療は、無理をせず練習をしてから行うようにしています。

小児矯正はこちら

お子様の治療の流れはこちら

矯正歯科

お子様が小さいうちから歯並びを管理・経過観察することにより、生体の成長発育を重視しながら歯並びの改善をはかる治療システムを採用しています。この治療システムはお子様の成長期に治療を開始することにより、歯を抜かずに顎の成長のバランスを整え治療する事が目標になります。成人の方は、矯正専門医と連携をとって治療を行う場合もあります。

インプラント

インプラントは歯が抜けてしまったところに人工の歯根を植え、その上にかぶせを入れてかみ合わせをつくります。
「取り外しの必要な入れ歯はイヤ」「歯がない所を治療するのに隣の歯を削りたくない」「天然に近いかみ合わせを回復したい」とお考えの方には、とても有効な治療法です。

レーザー

ほりべ歯科クリニックでは炭酸ガスレーザーを使用しています。炭酸ガスレーザーは炎症部位だけに作用し、そこでほとんど吸収されて、他の部位に熱影響を及ぼす可能性がほとんどありません。加えて麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるので、妊娠中の方や高血圧の方、心臓疾患でワーファリンを服用されている方、人工透析されている方でも安心して治療を受けていただくことができます。

レーザーにできること

歯周病の治療

放置しておくと歯が抜けてしまう歯周病には、歯肉の切開や歯肉ポケットへの殺菌・消炎をレーザーでおこないます。痛みや出血も少なく、レーザーでの治療は回復期間も短くなるのが特徴です。

色素沈着の除去

歯ぐきに黒ずんだ色素が沈着してしまう色素沈着。歯肉等の表面にレーザーを数回に渡って照射すると、痛みも少なく麻酔なしに黒ずんだ色素を取り去ることができます。

切開手術

レーザーでの切開は痛みや出血が少なく殺菌・消毒。消炎効果により術後の回復も早く、抗生物質や鎮痛剤の使用も抑えることができます。

口内炎の治療

痛みを伴う口内炎もレーザー照射で鎮痛、消炎効果が得られます。痛みが少なく、治りも早いので、お子様にもやさしい治療法です。

虫歯の治療と予防

レーザー照射は、歯の表面を硬化させる力をもっています。また、耐酸性も強まり、虫歯になりにくい歯をつくります。

知覚過敏症の治療

冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏症も、レーザー照射で封鎖して簡単に治療することができます。

審美治療

クリーニング

歯の表面についている歯石・歯垢・着色(茶しぶ、ヤニなど)を取っていきます。定期的なクリーニングは、お口の中の健康を保つのにとても有効です。

ホワイトニング

薬剤を使って歯を漂白する方法です。アメリカでは非常にポピュラーな方法として定着しています。安心して簡単に「白い歯」を手に入れることができます。

ホワイトニングはこちら

セラミック修復・ハイブリッドセラミック修復

セラミックを利用して、歯の色・形をキレイにしていきます。
上記のホワイトニングで良好な結果が得られない方にも有効です。
セラミックは微妙な色調の再現が可能で、透明感のある美しい歯を得ることができます。金属を使用しない場合が多いので、金属アレルギーの方にも有効な方法です。

歯グキの漂白(ガムホワイトニング)

黒ずんだ歯グキにレーザーを使用して、キレイなピンク色の歯グキに戻します。短時間の処置で非常に効果があります。

デンタルエステ

「デンタルエステ」はアロマオイルを使用して、口の中と首まわり・咬むための筋肉、唾液腺をマッサージし、滞ったリンパを流して血流を促進するマッサージコースです。お口の乾燥や口臭、頭痛や肩こりにお悩みの方におすすめです。

デンタルエステはこちら